カフスやピアスを上手に使っておしゃれしよう

男女

おしゃれの一つに

ピアス

おしゃれの一つとして、ピアスを楽しみ人が増えています。20年前にくらべると、定着したピアスの需要があります。皆さんのなかにも、洋服に合わせたり、場面によって使い分けしている人もいるでしょう。

Read More

慎重に扱う

ピアス

人の印象は、顔周りのアイテムでも大きく変わります。そのアイテムの中には、ピアスという耳に着けるアクセサリーも含まれているでしょう。最近では、ボディピアスなども豊富にありますので耳のアクセサリーにこだわってみて下さい。

Read More

カフスを上手に使う

財布

まず、カフスの歴史をお伝えします。カフスの正式名称はカフリンクスというもので、日本ではカフスボタンなどという名称が一般的です。ドレスシャツやワイシャツの袖口を留める目的のあるアクセサリーなのです。袖のことをカフと呼ぶのでカフスボタンというわけですね。カフスの発祥は、フランスといわれています。それまではリボンなどを用いて袖を装飾していましたが、シルバーボタンやゴールドといった金属製の鎖を用いた装飾が台頭してきます。それこそが、カフスの始まりということです。
カフスには様々な種類があります。商品選びに重要なその種類をお伝えしていきます。まず、スウィヴル式というものがあります。これはT字状の留め具を倒してまっすぐにすることで袖口に通し、それを再び起こすことで留めるというスタイルです。現代においてはこのスウィヴル式が主流となっています。次に、チェーン式というものがあります。これは、チェーンを用いてモチーフと留め具を繋ぐというものです。1640年あたりから1920年にかけて流行したスタイルです。そして、紐式というものもあります。ゴムやシルクを用いて装飾するもので、主にカジュアルな服装にマッチします。使用するにはやや慣れが必要で耐久性に不安がありますが、リーズナブルであることが特徴です。
カフスの歴史は深く、種類も様々なものが用意されています。袖口を良い感じに仕上げていくにはピッタリのアイテムといえるのではないでしょうか。気になったらショップなどでオススメのカフスを探してみましょう。

安くで購入する

シルバーアクセサリー

シルバーアクセサリーはインターネットオークションを利用することにより、非常に安い金額で手に入れることができます。場合によっては、ブランド品の最新作を格安で購入するということも可能です。

Read More